header
 
トップページ > eラーニング> 受講規約 

ログイン

HELP

【会員の方へ】
正しいID、パスワードを入れ
てもログインできない場合、
ブラウザを再起動してみてく
ださい。
★IEの方へ
 IE9以上をお使いの場合
互換モードでご利用ください
 
SSL グローバルサインのサイトシール
 

受講規約


「ITマネジメント広場eラーニング」受講規約

第1条(目的)
「ITマネジメント広場eラーニング」受講規約(以下「本規約」といいます。)は、ITマネジメント・サポート協同組合(以下、「当組合」といいます。)が運営する「ITマネジメント広場eラーニング」(以下、「本サービス」といいます。)を利用するにあたっての利用条件を定めるものとし、利用者は本規約にしたがって、本サービスを利用するものとします。


第2条(定義)
1.「申込者」とは本サービスの申込み画面から、本規約に同意の上、申込みを行なった個人、団体を指すものとします。
2.「利用者」とは本サービスを利用する個人を指すものとします。
2.「講座等」とは、映像、画像、音声、文字、ソフトウェア、その他から構成される、学習のための情報であり、テキスト等の教材も含む一切をいいます。
3.「講座提供者」とは、講座等を提供する事業者をいい、(1)当組合、(2)当組合以外の者、又は(3)当組合及び当組合以外の者(共同で提供する場合)が含まれます。
4.「当サイト」とは、本サービスを提供するために当組合が運営するWebサイトを指すものとします。


第3条(規約の同意)
1.申込者が、当組合からメール等で提示される「料金払い込み案内」にもとづいて料金を支払ったとき、申込者は本規約の全ての条件に同意したものとみなします。
2.申込者と利用者が異なる場合、申込者は利用者に対して規約を同意させた上で利用させるものとします。


第4条(利用者の権利と制限)
1.利用者は、利用者が購入した講座を、当組合が定める条件に従って利用することができます。
2.利用者は、利用者としての地位および本サービスの利用により当組合に対して取得した一切の権利を譲渡、転貸、担保差入その他形態を問わず処分することはできません。


第5条(ログインID及びパスワード管理)
1.お申込み、および料金払い込み完了後、当組合が提供するサービスを利用者が利用する際には、当組合より連絡するログインIDおよびパスワード(以下、「ID等」といいます。)を使用するものとします。
2.利用者は、ログインID及びパスワードを責任をもって管理するものとします。また、利用者として登録された利用者のID等の管理とその使用に関しての責任は、全て利用者本人が負うものとします。
3.利用者は、ID等の譲渡、売買、貸与等の行為を一切行わないものとします。
4.利用者は、パスワードの失念があった場合、ログイン画面のパスワード再発行機能を利用してメールでパスワードの連絡を受け、ただちに新たなパスワードに更新するものとします。
5.利用者は、IDの失念があった場合、速やかに当サイトの問合せフォームより当組合に問い合わせるものとします。
6.利用者は、ID等の盗難、またはID等が第三者に使用されていることが判明した場合、ただちにパスワードの変更をするものとします。
7.当組合は、ID等の使用上の過失および第三者の利用に伴う損害について、当組合の故意または重大な過失による場合を除き、一切責任を負わないものとします。また、利用者が、第三者のID等を不正に利用したことにより、当該第三者または当組合に損害を与えた場合、利用者は当該不正使用によって生じた損害を当該第三者または当組合に賠償するものとします。


第6条(本規約の変更、追加等)
1.当組合は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本規約の全部または一部を変更できるものとします。
2.前項の場合、変更後の本規約は、当組合が適当と判断する方法で利用者に通知するものとし、それ以後利用者が本サービスを利用したとき、当該利用者がその内容を承認したものとみなします。


第7条(本サービスの内容)
1.利用者がその時点で受講可能な講座は、メニューに表示されている講座です。受講期限が過ぎた講座は受講することができません。
2.当組合は、本サービスの内容の変更を必要と判断した場合、利用者に通知することなく、その必要な変更を行うことができるものとします。


第8条(個人情報)
1.「個人情報」とは、利用者に関する情報であって、メールアドレス、氏名、その他の記述等により特定の利用者を識別することができるもの(他の情報と容易に照合することができ、それにより特定の利用者を識別することができるものを含みます。)をいいます。
2.当組合は、登録情報及び利用者が本サービスを利用する過程において当組合が知り得た個人情報を、本サービスを運営する目的、および、関連サービス等の情報を利用者、申込者へ提供する目的のために使用することができるものとします。
3.当組合は、前項の利用目的以外の目的で個人情報を利用する場合には、あらかじめ当該利用者の同意を得たうえで利用するものとします。
4.当組合は、利用者に対して個人情報の提供先とその利用目的を通知し、利用者の承諾を得ること(画面上それらを明示し、利用者が拒絶する機会を設けることを含みます)を行わない限り、第三者に個人情報を開示、提供しないものとします。
5.当組合は、前項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる場合に、当該各号に定める者に個人情報を開示、提供することがあります。
(1)本条第2項の利用目的の実施に必要な範囲で個人情報の取扱いを委託先に委託するために個人情報を当該委託先に開示、提供することがあります。
(2)本サービスの営業譲渡等、事業の承継に伴って利用者の個人情報が提供される場合に、個人情報を当該承継先に開示、提供することがあります。
6.本条第4項の規定に拘わらず、当組合は、次の各号に掲げる場合に、利用者の承諾なく個人情報を開示、提供することがあります。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合で、利用者の同意を得ることが困難である場合
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難である場合
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、利用者の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがある場合
7.利用者は、当組合に登録した個人情報を照会又は変更することを希望する場合には、法令及び別途当組合が定める規則に従ってかかる照会又は変更を請求することができるものとします。
8.利用者が第10条に従い利用を終了した場合、当組合は、利用者に関する個人情報を速やかに削除するものとします。


第9条(サービス提供の中断)
1.当組合は、以下の事項に該当する場合、本講座の運営を中止または中断できるものとします。
(1)本サービスに関するサーバー等の設備、施設等のシステム保守を定期的にまたは緊急に行う場合
(2)火災、停電、地震、噴火等の天変地異、第三者による妨害等により本サービスの提供ができなくなった場合
(3)電気通信事業者が電気通信サービスの提供を中止することにより、本サービスの提供ができなくなった場合
(4)本サービスの運営に関連するサーバー等の設備、施設等の不具合、故障等による場合
(5)その他、当組合が本サービスの一時的な中止が必要と判断した場合
2.当組合は、前項の規定により、本講座の運営を中止中断するときは、あらかじめその旨を利用者に通知するものとします。ただし、緊急やむを得ない場合は、この限りではありません。


第10条(利用の終了)
1.申込まれた講座等の利用期限が到来したとき、当該講座等の利用はできなくなります。ただし、最後の講座等利用期限経過後1年間はログインは可能とし、無償のコンテンツを利用することができます。
2.上記1項に規定にかかわらず、利用者からのメール等による申し出があった場合、利用は終了するものとします。


第11条(サービス提供の停止または利用者資格の取消)
当組合は、利用者が以下のいずれかに該当する場合、事前に通知することなく、当該利用者に対する本サービスの一部または全部の提供を停止し、あるいは利用者資格の取消、その他必要な措置をとることができるものとします。
(1)利用者の登録申込時に虚偽の事項を申告したことが判明したとき。
(2)本規約に違反したとき。
(3)次条に定める禁止行為を行ったとき。
(4)その他、当組合が本サービスの運営に支障をきたすと判断する行為、不適切であると判断する行為を行ったとき。


第12条(禁止事項)
利用者は本サービスを利用するにあたり、以下の行為を行わないものとします。
(1)当組合および講座等の提供者または第三者の著作権、営業秘密、財産、プライバシーその他権利を侵す行為または侵す恐れのある行為。
(2)当組合および講座等の提供者または第三者を誹謗、中傷し、罵倒したり、あるいは名誉を毀損する行為またはその恐れのある行為、セクシャルハラスメント、差別発言、その他公序良俗に反する行為またはその恐れのある行為
(3)犯罪的行為もしくは犯罪的行為に結びつく行為またはその恐れのある行為
(4)事実に反する情報を提供する行為
(5)コンピュータウィルスなどの有害なコンピュータプログラムを本サービスを通じ、あるいは本サービスに関連して使用、提供等する行為
(6)本サービスの利用目的を超えて、サーバーに不正アクセスする行為
(7)公序良俗に反する情報、文章、図形等を本サービスを利用して第三者に公開する行為またはその恐れのある行為
(8)本サービスの運営を妨げるような行為またはその恐れのある行為
(9)当組合および講座等の提供者または第三者に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為またはその恐れのある行為
(10)法令に違反する行為またはその恐れのある行為
(11)その他、当組合が不適切であると判断する行為


第13条(第三者との紛争等)
1.本サービスの利用に関連して、利用者が他の利用者または第三者に損害を与え、またはこれらの者との間で紛争が生じた場合には、自己の責任と費用によって解決するものとし、当組合および講座等の提供者に一切の迷惑または損害を与えないものとします。
2.利用者が本サービスの利用に関連して、当組合および講座等の提供者に損害を与えた場合、当組合およびその講座等の提供者は当該損害額の一切について当該利用者に請求できるものとします。


第14条(著作権)
1.利用者は、当組合から本講座を通じて提供される情報又はファイルの全てにつき、講座提供者によって本講座で提供される方法のみで使用できるものとし、それ以外の方法(複製、頒布、譲渡、自動公衆送信等を含みますが、これに限られません。)では、一切使用することはできないものとします。
2.利用者は、権利者の許諾を得ないで、いかなる方法においても、第三者をして、本講座を通じて提供される情報又はファイルの全てについて、使用させたり、公開させたりすることはできないものとします。
3.本条の規定に違反して紛争が発生した場合、利用者は、自己の費用と責任において、当該紛争を解決するとともに、当組合をいかなる場合においても免責し、損害を与えないものとします。


第15条(当組合による利用情報の統計利用)
当組合は、利用者の講座受講結果データをもとにした、受講数、受講時間、テストの得点の統計分析、ならびに個人を特定しない方法での公表をおこなえるものとします。


第16条(免責事項)
1.当組合は、本講座の内容、及び利用者が本講座を通じて得る情報等について、その完全性、正確性、確実性、有用性等のいかなる保証も行わないものとします。
2.本講座の提供、遅滞、変更、中断、中止、停止、もしくは廃止、本講座を通じて登録、提供される情報等の流出もしくは消失等、又はその他本講座に関連して発生した利用者又は第三者の損害について、別途定めがある場合を除いて、当組合は一切の責任を負わないものとします。但し、当組合の故意または重大な過失による債務不履行が原因である場合はこの限りではありません。


第17条(損害賠償)
1.利用者が本規約に違反し又は不正行為により当組合に対し損害を与えた場合、当組合は利用者に対し相応の損害賠償請求ができるものとします。
2.利用者が本講座の利用により第三者に対し損害を与えた場合、利用者は自己の責任でこれを解決し、当組合に対しいかなる責任も負担させないものとします。


第18条(管轄裁判所)
本サービスに関連して、利用者と当組合の間で紛争が生じた場合は、当該当事者がともに誠意をもって協議するものとし、解決しない場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。


第19条(準拠法)
本規約の成立、効力、履行および解釈に関しては日本法が適用されるものとします。


第20条(協議事項)
本規約に定めのない事項または本規約に関する疑義については、利用者と当組合との間で誠実に協議して解決するものとします。


第21条(適用日)
本規約は、平成25年4月3日から適用いたします。

以上